スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財務省は日本の弥栄のために働いているか


「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」ブロクから思うこと
三橋貴明「近い将来私にスキャンダルが出るか、痴漢冤罪で捕まるか」3週間前に自身のブログで予言

髙橋洋一数理学者さんもかつて、逮捕されました。
財務省の情報宣伝の流れと違うことをすると逮捕されるのが、今の日本なんですね。

文科省はビーチ前川が退官し、文科大臣に林芳正さんがなりました。安倍総理と同じ山口・長州の世襲政治家です。大蔵大臣も務めた父の後ろ姿を見ていてくれれば、明るい日本が見えてきそうな気もしますが・・・

財務大臣・麻生太郎さん、ここ数年が有終の美を飾るチャンスのはず。どこを押さえれば良いのか一般国民には見えない所をしっかり押さえて、財務省の<グローバリズムへの貢献><日本人・日本国の伝統文化軽視>を止めさせて欲しいです。
                        
最近、財務省が数年前にマスゴミが叩いた『学級担任退職・強欲事件』の原因となった<<3月1日退職金減額>>をまた提案しています。

日本にとって学校、教育 って空気や水のように大事なものなんじゃないか?それを40年近くやってきた教員の退職金を、退職する年度の年末11月に提案して、3月1日に実施する!ってどう???

卒業式に出るために80万円払え!100万円払え!って教員に提案してくる財務省って・・・

次年度の減額なら、民間との差を調整するという意味で理解出来るけど・・・なんなの、財務省!日本の教育を壊したいのか???

おまけ:冬休み明け初日から午後まで教科授業って、どうなの???冬休み前の登校最終日も午後まで授業・・・不登校が増えて当然なきがするけど。これも文科省が各教育委員会に指導している結果だと思う。

日本人にはハレの日、ケの日の感覚があって、初詣もするし、成人も、七五三も祝う。「いただきます」とも「ごちそうさま」とも言う。そういう日本文化を壊すための初日、最終日の教科授業であると感じられてしかたがない。別の日本人が公立学校で作られている時代になってしまった。残念すぎる。
スポンサーサイト

災害現場を視察する基準は?大阪は虐待日本一

大阪の子育て・・・虐待日本一
児童虐待の記録

文科大臣~厚生労働大臣~総務大臣 連携して社会の、日本の不幸を無くしていくのが日本の政治家の仕事だと思います。
地震や津波、大火の現場に知事や大臣が足を運び、TVニュースになりますが、
大阪は全国的に虐待発生件数は人口比で日本一です。大阪府知事、寝屋川市長は現場へ行くべきでしょう?

それにしても、小中学校の先生方が手をさしのべられるような先生達の人情お節介を人権弁護士に訴えられないような法整備が必要だと思う。川崎の多摩川のほとりで無くなった中学生のことを思い出しました。



裸で監禁、部屋に暖房なし…父「療養のため」
12/31(日) 6:22配信
大阪府寝屋川市の民家で、住人の柿元愛里さん(33)が監禁され、やせ細った状態で死亡した事件で、柿元さんが暖房がない部屋で衣服を身に着けずに放置されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 事件発覚から30日で丸1週間。死体遺棄容疑で逮捕された両親はなぜ、娘を社会から隔離し、劣悪な環境に置き続けたのか。府警は解明を急いでいる。

 「娘には精神疾患があり、中で療養させるために、私が作りました」。民家内の一室を板で区切った2畳ほどの「小部屋」について、父親の泰孝容疑者(55)は、そう説明したという。

 23日、府警の捜査員が立ち入った際、柿元さんは、この中で裸のまま毛布をかぶって横たわっていた。そばで監視カメラが作動しており、捜査員が調べると、少し離れた台所に設置されたモニター画面に様子が映し出されていた。

両親が17年監禁 凍死の長女、発見時は裸だった
12/29(金) 20:45配信
大阪・寝屋川市の住宅で、およそ17年間監禁され、凍死した33歳の長女を放置した疑いで両親が逮捕された事件で、長女は発見時、裸だったことがわかった。
12月23日、柿元愛里さん(33)が、大阪・寝屋川市の自宅内に作られた、およそ2畳ほどのプレハブ小屋で凍死しているのが見つかった。
警察は、愛里さんの父の柿元泰孝容疑者(55)と母の由加里容疑者(53)を、死体遺棄の疑いで逮捕した。
愛里さんは、およそ17年間、柿元容疑者らに監禁されていたとみられ、発見時は裸で、毛布にくるまれた状態だったことがわかった。
警察は、柿元容疑者らが、愛里さんを裸で生活させていた疑いもあるとみて調べている。

プレハブ長女遺棄 監禁部屋は父が自作 周囲から隠す意図か12/28(木) 7:55配信
大阪府寝屋川市の民家に設置された隔離部屋で長期間監禁されていた女性(33)が死亡した事件で、死体遺棄容疑で逮捕された父親の柿元泰孝容疑者(55)が、この部屋を自分で作っていたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。大阪府警捜査1課は、周囲に気付かれないようにする意図があったとみている。

                  ◇

 死亡したのは長女の愛里さん。泰孝容疑者と母親の由加里容疑者(53)は「16、17歳ごろから精神疾患で暴れるようになった」として、愛里さんを自宅内の隔離部屋に15年以上監禁していたとみられる。

 捜査関係者によると、部屋は自宅一室の隅に天井までの高さの間仕切りを使って設置。広さは2畳ほどで簡易トイレがあり、生活スペースは約1畳しかなかった。室内には音声を拾う機能が付いたカメラがあり、両容疑者は居住スペースに置かれたモニターで愛里さんの様子を監視していた。

 ダクトを引き込み、外から冷気を送り込めるようになっていたが、暖房機能はなかった。また、室内にはチューブもあり、部屋の外に設置した給水タンクとつないで水を飲ませていた。

 こうした設備について、泰孝容疑者は「自分で作った」などと説明。泰孝容疑者は工員で、機械などの知識にたけていたという。捜査1課は、周囲に気付かれないように愛里さんを完全に閉じ込めておける部屋を作ったとみて、監禁に至った経緯を調べている。

なんで帰れるの?

不可解

秋田に漂着の男性8人 北朝鮮に帰国へhttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20171226/k10011271731000.html
12月26日 15時52分漂着船相次ぐ

先月、木造船で秋田県に漂着した北朝鮮の男性8人を帰国させる措置がとられることになり、8人は26日午後、関西空港から出国しました。中国を経由して帰国する予定です。

先月23日、秋田県由利本荘市で、漂着した木造船とともに北朝鮮の男性8人が上陸しているのが見つかり、警察は8人の話などから漁の最中に遭難したと判断しました。その後、長崎県にある入国管理局の施設で保護して移送の手続きが進められていましたが、準備が整ったことから帰国させることになりました。

8人は26日昼前、長崎空港から海上保安庁の航空機で関西空港に移動し、民間機に乗り換えて、午後3時40分すぎに出国しました。今後、中国を経由して北朝鮮に帰国する予定です。

朝鮮半島から来たと見られる木造船をめぐっては、日本海側に漂着するケースが相次ぎ、ことし確認された漂着や漂流の件数は25日までに99件に上り、この5年で最多となっています。

先月28日には、北海道松前町沖の「松前小島」に北朝鮮の木造船が停泊して乗組員が上陸しているのが見つかり、このうち3人が、島の小屋にあった発電機のエンジンを盗んだとして窃盗の疑いで逮捕されています。また、ほかの7人については強制退去に向けて手続きが進められています。

ジャーナリストの見た南京


シナ共産党も韓国の二の舞になりたいようですね。真実を広めましょう。『戦闘はあったが、虐殺はない。』

新愛知新聞・南正義記者の証言
福岡日々新聞・三苫幹之介記者の証言
都新聞・小池秋羊記者の証言
福島民報・箭内正五郎記者の証言


【China Nanjing 80 years】
中国、異例の対日メッセージ=関係改善ムード維持
12/13(水) 15:38配信 時事通信
 【南京、北京時事】中国の習近平国家主席は13日、旧日本軍による南京事件(1937年)を記念する「国家哀悼日」の追悼式典で演説せず、日本への配慮をうかがわせた。

 国家的行事に出席した習氏が発言を控えるのは珍しい。日中関係改善に向けた機運が高まる中、習氏は異例の形で対日メッセージを送った。

 習氏の式典出席は3年ぶり。今年は事件から80年の節目に当たり、国民の愛国心を高め自らの求心力を維持する観点から、「習氏が出席しない選択肢はなかった」(中国の日本専門家)もようだ。

 ただ、習氏自身が式典で演説し日本政府が認めていない南京事件での「30万人殺害」に言及したり、対日批判を展開したりすれば、10月の2期目指導部発足以来、鮮明になっている対日関係の改善基調に水を差してしまう。習氏の式典出席という情報を把握した北京の日本大使館などは習氏がどのような発言をするか警戒を強めていた。

 しかし、式典で実際に壇上に上がったのは10月に最高指導部・政治局常務委員を退任した兪正声全国政治協商会議(政協)主席。現職の最高指導部メンバーによる演説を避け、習氏は「対日批判の抑制」(日本専門家)を図ったとみられる。

 演説で兪氏は「30万人の同胞が殺りくされた」と主張したものの、「中日両国は近隣で、引っ越せない隣人だ」と強調。今年が日中国交正常化45周年、来年が日中平和友好条約締結40周年であることに触れ、「両国人民の利益」を重視し、協力を進める方針を訴えた。


習主席、出席も演説せず=南京事件80年、対日配慮か-中国

「南京大虐殺記念日」制定を可決=加オンタリオ州議会


対戦当時の辛かった思い出を反日感情へ向ける工作活動に勤しむカナダのALPHAという組織 三菱は彼らのターゲットになっているようです。見舞金など渡すと「お替わり」が永遠に続くのでしょうねw
CanadaALPHA

Commemoration of the 70th Anniversary of V-J Day at the White Rock Cenotaph, BC

『新しい歴史教科書』(新版・中学社会)(自由社)英訳シリーズ その10 -第5章「近代の日本と世界(II)―大正・昭和時代前半」

世界発信できる史観が必要です
                                              
「史実を世界に発信する会」より転載

『新しい歴史教科書』英訳シリーズその10―第5章「近代の日本と世界(II)」、第2節をお届けします。
【対訳版】

第2節:第二次大戦と日本

73 世界恐慌とその影響    *ブロック経済と日本
74 共産主義とファッシズムの台頭  *コミンテルンと各国共産党の設立年

75 中国の排日運動と協調外交の挫折 *中国情勢についての米外交官マクマリーの見解(一部要約) *中国に自重を求める幣原喜重郎の見解(一部要約)

76 満州事変と満州国建国    *リットン調査団報告書の要点(1932年9月)
77 日中戦争(支那事変)    *日本と中国はなぜ和平を実現できなかったのか  *歴史のことば:事変

78 中国をめぐる日米関係の悪化  *各国の蒋介石への援助
79 第二次大戦の始まり    *迫害されたユダヤ人を助けた日本人 樋口季一郎と杉原千畝 *ハル・ノート(一部要約)(1941年11月26日)

80 大東亜戦争(太平洋戦争)
81 大東亜会議とアジア諸国    *大東亜共同宣言(一部要約) *アジアの人々を奮い立たせた日本の行動  *日本を解放軍として迎えたインドネシアの人々

82 戦時下の国民生活    *創氏改名とは何か

83 終戦をめぐる外交と日本の敗戦  *ポツダム宣言(一部要約)
*聖断のときの昭和天皇の発言(1945年8月14日)
  *コラム:外の目から見た日本:大東亜戦争とアジアの独立
   *コラム:もっと知りたい:戦時国際法と戦争犯罪

第5章のまとめ:近代(II)とはどんな時代か  歴史豆辞典(100字用語解説)

     平成29年12月5日「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝 http://hassin.org
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。